越前漆塗り・漆器の専門店。
家族ならではの温かみのある漆器を作っています。
Product By 越前漆塗り・漆器の専門店 KINJU 錦壽

「錦壽オリジナル」作品

オリジナルとは

山㟁厚夫の作品が少しずつ世間に浸透してきて、「作家・山㟁厚夫」の名前が知られるようになってくると、「有限会社 錦壽の商品=山㟁厚夫」の作品と思われるようになりました。

漆器の仕事は昔から分業制で、錦壽では作品のほとんどは自社製造になっていますが、外注品も多くあり、「作家・山㟁厚夫作品」との境界線が必要でした。
そこで、山㟁厚夫がデザインしたもの以外は、外注品も含みますが「錦壽オリジナル」と呼ぶようにしました。また山㟁厚夫がデザインしたものであっても、素材が木製でない場合は錦壽オリジナルに含まれています。

環境に左右されない漆器を提案

山㟁厚夫が始めた「刷毛目塗り」ですが、いきなり木製品となると高価なので、
まずは「使ってみたい」「でも木製品は怖い」という人たちの為に、
木粉入り樹脂製品やABS樹脂などを使い、
塗りの雰囲気はそのままに価格を抑えたものを作っています。

樹脂製品だと何がいいのか?
それは木製品のように保管場所の環境に左右されず、品質を保てるという所です。
だから、ついうっかり落としてしまったという場合でも、
木製品に比べてワレにくく、凹みやヒビが入りにくいのです。

この特性は国内だけに関わらず、海外など日本とは温度や湿度が
まったく違うという環境においても同様の効果があります。

錦壽の漆器は見た目の華やかさはありませんが、
使えば良さが分かるはずと確信しています。

作品の特徴

錦壽オリジナルの商品は、錦壽がデザインしたオリジナルデザインです。
まずは使ってもらいたいので、汁椀や丼が中心でしたが、カトラリーなどの需要も増えてきたので、木地を仕入れ「刷毛目塗り」で仕上げる商品も増えてきました。

関連商品を見る

「作家・山㟁厚夫」作品

漆器に使用している素材は木製品のみで、作品の特徴としては、しなやかなS字の曲線で手に馴染みやすい柔らかいカーブが特徴的な形と武骨で荒々しい雰囲気を持つ形。

詳細を見る

「錦壽オリジナル」作品

木粉入り樹脂製品やABS樹脂などを使い、塗りの雰囲気はそのままに価格を抑えたものを作っています。保管場所の環境に左右されず、品質を保てるメリットがあります。

詳細を見る

「錦壽スタッフ」作品

素材は木や樹脂だけでなく、金属やガラスなどなんでもありです。ホームページには掲載していませんが、金属の懐中電灯や漆塗り仕様のサイコロなど、個人的なものも作っています。

詳細を見る